SEO対策 テンプレート

SEO対策済みのテンプレートを配布
カスタマイズ

■Javascript
ランダム表示の活用
リンクのURLを隠す

■SEO対策
SEOスパムについて
被リンク数のチェック
被リンクされるときの文字
metaタグのkeywords
■CSS
リストのマークを変更する
リストのマークを画像に変更する
リンクの挙動のカスタマイズ
行間の高さを変更する
スクロールバーの見た目を変えるドリコムの表示をCSSで変更する

本ブログで使用しているテンプレートを「tm_seo_white」という名前で登録しています。
なるべくシンプルでカスタマイズしやすく作ってありますので、宜しければ使ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

やってはいけないSEOスパム

以下に挙げたSEOスパムはACCSESS R様のスパム一覧から一部抜粋しています。
当ブログの管理人である私も過去に、気付かずにSEOスパムをやってしまった経験があります!
過去にあるキーワードでGoogle上位10位あたりに表示されていたHPがありました。よ~しもっと頑張るぞ!と数十にも及ぶページを毎日アップしだしたんですよ。しばらくしたら、なんと500位くらいまで順位が下がってました!SEOスパムと判定されたようです^^;
1日3000PVから200PVまで落ち込みました。
その時は何で順位を落とされたのか分からなかったのですが、ネットで調べていくうちに「短期間に大量のページをアップするとSEOスパムと判定される可能性がある」という記事をどっかのサイトで見つけました。その頃からでしたね、SEOについて勉強しだしたのは。ちなみにSEOスパムと判定されたそのHPは閉鎖しました。みなさんも気をつけましょう。
◆隠しテキスト(Hidden Text)
 ユーザから見えないよう背景色と同色を用いたテキストを記述することにより、キーワード数・キーワード密度を操作する行為。またこのスパムテクニックを応用し、背景色に近い色でテキストを記述することで見えないようにするというものも存在します。まだ通じる検索エンジンもあるようですが、止めておいた方が良いでしょう。

◆隠しリンク(Hidden Link)
 ユーザから見えないようにリンクを設置することにより、キーワード数・キーワード重要度を操作する行為。

◆キーワード反復(Keyword Repetition)
 BODYタグやTITLEタグに検索エンジンで上位表示させたいキーワードを繰り返し記述する行為。

◆極小フォント(Tiny Font)
 ユーザに見えないよう極めて小さいフォントサイズを指定して記述することにより、キーワード数・キーワード密度を操作する行為。

◆リダイレクト(Redirect)
 METAタグのrefreshは本来、サイト変更による手法としてよく使われていますが、これを逆手にとり検索エンジン用に最適化したダミーURLを登録し、そこからメインサイトにリダイレクトさせるという行為。またJavaScriptのよるリダイレクトも同様。

◆META keywords属性スパム
 以下のようなMETAタグにのcontent属性について、サイトに関係の無いようなキーワードや許容されるキーワード数を超えて入れる行為。
 <meta name="keywords" content="キーワード">

◆META description属性スパム
 以下のようなMETAタグにのcontent属性について、サイトに関係の無いような説明や長い文章を入れる行為。
 <meta name="description" content="説明文">

◆リンクファーム(Link Farm)
同義語【バッドネイバーフッド】
 サイト同士をクロスリンキング(俗に言う相互リンク)を行うことで、リンクポピュラリティーを上昇させようとする行為。主にGoogleに対してのPageRankを上昇させようとするために、異なるドメインからのリンクを行う。

◆ALT属性スパム
 以下のようなIMGタグにのalt属性について、サイトに関係の無いようなキーワードや許容されるキーワード数を超えて入れる行為。また、ユーザに見えないような小さな画像にキーワードを詰め込むこと行為。
 <img src="xxx.jpg" alt="キーワード">
[ 2007/10/31 ] | SEO対策
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。